管理職のミカタ 太田恵美 チームリーダーを全力でサポートします!

スタッフ育成コーチング講座 in 比布(ぴっぷ)町

    
no image
\ この記事を共有 /
スタッフ育成コーチング講座 in 比布(ぴっぷ)町

先日、比布(ぴっぷ)町で初めてコーチング講座を開催しました。

Twitter講座とか、ランチ会とかは開催していたんですけどね。コーチングは初めてでしたねぇ。

今回、お声をかけて下さったのは、比布駅構内にある「ピピカフェ」を経営されている亀海さんご夫婦。福祉の就労支援事業所も運営されていて、スタッフさんの育成や社内のコミュニケーションをより良くするために、何かヒントがあればということで、講座開催となりました。

スタッフ育成と言えば…。私の栄養士時代の黒歴史なしには語れません。

昨年アメブロでも書いた『”嫌われた上司”が部下と信頼構築できた理由』にも書きましたが、過去の私は大失敗をしています。で、そこからコーチングを学んで実践して何とか立て直すことができた。

当時の私はいったい何をしたのか?
改めて書くと、こんな事です。

・自分から積極的に関わる(受け身ではない)
・自分のフツー(常識)を捨てる
・自分の希望(思い)を押し付けない
・自分の為の行動はしない (自身のプライドや上層部からの評価の為など) ・求められないアドバイスはしない (聞かれたら答える。但し確認はする) ・相手(部下や後輩)に興味を持つ

(何が得意で何が苦手か、日常してくれている事を把握し、それらを認めて伝える)

・相手の話を聴く(共に考える為)

・相手と自分の違いを受け入れ、違う人間が共に歩む意識を持つ
・具体的に問題を掘り下げ解決方法を探す

・つらぬく部下(後輩)への愛情

・やり続ける(諦めない)

講座では、この10項目について詳しくお話しさせていただきながら、ご夫婦が考えている事を言葉に出してもらって整理したり、抱えている課題について具体的なアドバイスをさせてもらったり、ワークをしたり。講座というよりはグループコーチングのような感じでした。

コミュニケーションって、相手との接点が多いほど密になりやすいです。

よくしゃべる人、よく顔を合わせる人に親近感を持ちやすいし、だからこそ話しやすくなりますからね。
でも、逆に、「こちらから歩み寄ろうと色々話しかけるんだけど、あまり話してくれない感じだったり、そっけない反応が多い方との関わりはどうしたらいいのか?」と、よく質問されます。

今回の講座でも、こういう場合が起こった時、どう対応したら良いですか?と質問がありました。
そういう場合、私は、あまり深追いしません。相手が望む距離感をまずは保とうとします。とはいっても、そっけないからこっちもそっけなくする、ということではなくて、「距離感を保ちつつも接点を持つ頻度は維持する」という感じです。
1回の会話は短くても、1日1回は話しかける。それを毎日する。そんな感じ。
これを続ける事で、相手が少しずつほぐれていってくれる場合もあります。あ、ほぐれない場合もありますよ。それは相手次第なのでやってみないとわかりません。
相手が自分にあまり話してくれない、そっけない感じだからといって、つられてこちらもそっけなくするのではなく、いたって自然にいる。相手がそっけない感じなのは、相手がそう選んでいる事でもあるし、こちら側がすべてどうこうコントロールできることではないのでね。なので、相手が望んでいるであろう距離感を保ちつつ(ずかずか入り込まない)、でも、ちゃんと気にかけてますよー、見てますよーという意志は伝わるように接点は持つ。

伝わってますかね…?(^^;

あくまで、私自身の考えとしては、なので、これが正解ということではありません。人と人との関わりに、「正解」なんてものはないです。
大切なのは、目の前の大切な人をしっかり見て、その人との関係を創り上げていくことですから。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©笑顔増量計画,2017All Rights Reserved.